上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラマ「14才の母」(日本テレビ系)で、妊娠する中学生を熱演する子役出身の女優、志田未来(13)に、「10年に1人の逸材」と期待が集まっている。
 
 志田は、このほどギャラクシー賞テレビ部門で10月度の月間賞を受賞した。同賞は、放送批評懇談会が主催し、選考者には辛口で鳴る批評家も名を連ねる。
 
 本年度は番組単位の受賞が多い中、「オーラの泉」(テレビ朝日系)の進行役が評価されたTOKIOの国分太一(32)=5月度=に次いで、個人では2人目の月間賞となった。
 
 志田は、昨年放送されたドラマ「女王の教室」(日本テレビ系)で、天海祐希(39)演じる鬼教師に立ち向かう小学生を演じ、一気にブレーク。大人顔負けの繊細な演技力が注目され、「14才の母」で初の連ドラ主役に抜擢された。
 
 授賞理由について、同懇談会の桧山珠美氏は、「『女王の教室』の神田和美役では、あるときはコミカルに、あるときはシリアスに大人顔負けの演技で視聴者を魅了した。『14才の母』の一ノ瀬未希役では、少女の不安と戸惑い、こころの揺れを全身で表現している。どちらも彼女以外に考えられない適役だ」と評価している。
 
 「14才の母」は、初回の視聴率が19.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)をマーク。以後も高視聴率をキープしているため、日本テレビでは、当初10話だった放送予定を1話延長する異例の措置に。最終回(12月20日放送予定)は80分の拡大版になることも決まっている。
 
 「数字を期待せず、腰を据えていいものを作ろうというスタンスでしたが、受け入れられとてもうれしい。志田さんは、演技力も素晴らしいし、本当に良い子。一つ一つの取材に対しても真剣に愛や命について語っています。そんなピュアでまじめなところも視聴者に伝わっているんでしょうね」(同局宣伝担当)
 
 放送関係者の間では、「高峰秀子、中村メイコ、松島トモ子、杉田かおる、中島朋子、小林綾子…といった名子役出身者の系譜に続く」「10年に1人の逸材」といった声も聞かれ、これからが楽しみだ。
izaより引用いたします。

今話題のドラマですよね、とっても深い内容で、今のこの国にはとってもいいドラマだと思います、しかし最近のニュースでは幼児虐待のニュースも耐えません!、このような事件には強く憤りを感じております。
なにも知らない子供が地獄を味わう、まったくひどい話です。

子供が愛されたい人に愛されない、このような幼児虐待した人には厳しい刑を処しても良いと思います。そして幼児保護の団体に国が力を注いで欲しいです。
正しい国つくりになるのは一体いつになる事でしょう…

大好きな太田総理にお願いするしかなりでしょうか!?

スポンサーサイト

<< 美輪明宏プロフィール | ホーム | 10年後も続いていてほしいと思うTV番組は? >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。